尿漏れの悩みを1人で抱えずに病院で受診しましょう

尿が漏れても安心の商品

目を閉じるナース

尿漏れに悩む女性のために現在ではドラッグストアなどで尿漏れ専用のパッドや下着が数多く販売されています。生理用ナプキンよりも吸収量に優れていて、商品パッケージもオシャレにできているので、誰でも抵抗なく購入することができます。

詳しく見る

尿の漏れを防ぐための工夫

長髪の女性

医療機関を受診すれば、尿漏れに有効的な薬が処方してもらえます。尿漏れのトラブルはすぐに改善するとゆう事はなかなかなく、継続的に対処を工夫する事で改善しやすくなります。特に身体が冷えているとトラブルが起こりやすくなるため、薬だけに頼らずに冷えを改善する工夫もする必要があります。

詳しく見る

切迫性の尿意

看護師

切迫感を持った尿意の症状が出ることがありますがこの症状が慢性化してしまうと、トイレに行く前に尿漏れを起こしてしまうことがあります。これを過活動膀胱と呼んでいますが、治療には薬を服用したり、磁気や電気で神経を刺激する方法がとられています。

詳しく見る

恥ずかしがらずにまず受診

看護師

40代女性の半数が体験

40代に入ると、それまであまり感じなかった様々な体の変調が現れると言われています。その1つが尿漏れです。咳やくしゃみをした時や走ったり重い荷物を持った時に突如尿が漏れてしまうというこの症状は、女性にとってデリケートな問題とあってなかなか病院に行きづらく、また誰にも相談しにくいとされることから、一人で悩みがちと言われています。しかし、ある調査によると40代の女性の約半数が尿漏れの体験をしているという報告があり、決して珍しいことではないのです。しかも、尿漏れは放置しているとさらに症状が進んでしまう可能性があるとされています。泌尿器科では、尿漏れの治療として骨盤を強化するエクササイズの指導や薬の処方を行っています。これらの治療で、軽症の人のほとんどが改善に向かうとされていることから、尿漏れの症状がみられたらなるべく早く受診することが推奨されています。

尿失禁の症状

中年期の女性の尿漏れの多くは、くしゃみなどでお腹に力が入った時に漏れてしまうという腹圧性尿失禁であると言われています。これは先にあげたように軽度の場合はエクササイズや薬で、また重度の場合は手術を行うことで治すことが可能です。これ以外にもう1つ尿漏れの代表的な症状が、ふいに尿意が訪れトイレが間に合わず漏れてしまうといった切迫性尿失禁です。これは腹圧性尿失禁より多くの尿が漏れてしまうもので、脳から膀胱への指令がうまくいかなくなったことで起こるとされています。こちらの場合、泌尿器科では骨盤底筋を鍛えるエクササイズの指導や薬とともに、過敏になりがちな膀胱に尿を我慢するよう訓練する膀胱訓練を行い、改善を図ります。また、日常生活でいつトイレに行ったのか、どれくらいの尿量があったのかといった排尿日誌を記録し、治療計画の参考にします。